12月 16, 2010

年末のごあいさつとソーシャルディナー

12月16日、Cimasa Dialisiでは 、カヴァ・デ・ティレーニのHoliday Innホテルを会場に各センターの全職員を集め、Maria Rosariaナーシングホームグループで日々サービス提供に従事する者にとって大切な毎年恒例のイベントが開催されました。事務長Francesco Cirillo医師による年末のあいさつのあと、Cimasa Dialisiの事務長Giovanni Lombardi医師からこのところグループにとって新たな推進力となっているCapodichino(ナポリ)およびGest Dial(ブルシャーノ)という 2つの新しい血液透析ユニットが紹介されました。ここでは200名を超える招待客が年末行事のもと一堂に会し、Cimasa Dialisiに携わる全職員の一致団結したチーム精神が感じられました。