9月 18, 2010

腎障害患者に見られる二価イオンの代謝

Ci.ma.saグループ、ポンペイMaria Rosariaナーシングホーム、ピアノ・ディ・ソレントSan Micheleナーシングホームとの合同により「腎障害患者に見られる二価イオンの代謝」会議が主催されました。これは研修イベントの一環として行われたもので、リン酸カルシウム代謝の病態生理学や大きな臨床実験による成果、診断・治療へのアプローチといった課題についての考察が行われました。この会議は、カヴァ・デ・ティレーニのHotel Holiday Innホテルを会場に、カンパニア – シチリア州の腎臓病学会会長Giovambattista Capasso氏、ミラノSan Carlo Borromeo病院U.O.腎臓病学および透析A.O医長.Maurizio Gallieni氏、ロンドンUCL Medical SchoolのPhilippe Jaeger氏、ミラノPoliclinico腎臓科U.O.医長Piergiorgio Messa氏といった、国内外のスペシャリストをパネラーおよびモデレーターにお迎えしました。