法令196/03およびEU規則No. 679/2016

アートに準拠。法令196/03の13およびEU規則No.アートの規定に従って679/2016。前述の欧州規則の13で、次のことをお知らせします。

処理の目的

以下が実施した活動の結果として当社が自由に伝達および取得したお客様の個人データ:
CIMASA Srl
Via Colle San Bartolomeo、50、80045 Pompei(NA)
Partita IVA:05544861213

は、次の目的で合法かつ公正に扱われます。
お問い合わせフォーム
電話連絡
メール連絡

データ処理済みは、収集され、その後処理される上記の目的に関連して、更新され、関連性があり、完全であり、過度ではありません。

処理方法

データ自体は、必要なセキュリティと機密性に準拠して、次の方法で処理されます。利害関係者からのデータの収集、特定の明示的かつ正当な目的での収集と記録、互換性のあるさらなる処理操作で使用これらの目的の条件、電子ツールおよび自動ツールを使用して実行される処理(データは電子的に、利害関係者から直接収集されます)。

処理の法的根拠

個人データの処理の法的根拠は、Webポータルhttps://www.cimasadialisi.it/での登録に基づいています。

データ管理者が追求する正当な利益:
データの処理においてデータ管理者が追求する正当な利益は、当事者間で署名された契約上の義務を尊重し、尊重しなければならないことによって与えられます。アートに準拠。 6処理の合法性は、書面で文書化された、利害関係者の明示的に表明された同意に基づいています。データ提供の必須またはオプションの性質および応答拒否の結果:データ管理者が要求されたサービスを提供できるように、お客様によるデータ提供の性質は必須です。したがって、拒否された場合、登録プロセスを完了することができなくなり、システム所有者は契約上の義務を果たすことができなくなります。

第三者へのデータの伝達

お客様の個人データは、データ管理者、管理者によって任命されたデータ処理者、および厳密に承認されたデータ処理者によって処理されます。あなたの個人データは開示の対象ではありません。

保存時間

あなたの個人データは無料で保存されます。 CIMASAS.r.lが所有するITアーカイブでのサービス提供/製品供給関係の終了から10年

データコントローラーの意図

データ管理者は、個人データを第三国または国際機関に転送しません。

データコントローラーとデータプロセッサー

データコントローラーはCIMASAS.r.lです。データ管理者の連絡先の詳細、電子メール:info@cimasadialisi.it

利害関係者は、いつでも芸術に祀られている彼に留保された権利を行使することができます。全文が報告されている7:アート。法令196/2003および芸術の7。 15 EU規則679 / 2016-個人データへのアクセス権およびその他の権利-「利害関係者は、まだ登録されていない場合でも、彼に関する個人データの有無およびその
の確認を取得する権利を有します。わかりやすい形でのコミュニケーション。利害関係者は、以下の表示を取得する権利を有します。個人データの出所。処理の目的と方法。電子ツールを使用して実行される処理の場合に適用されるロジック。アートに準拠したデータ管理者、管理者、および指定された代表者の識別の詳細。 5段落2;個人データが伝達される可能性のある、または州、管理者、または代理人の領域で任命された代表者としてそれらについて学ぶことができる主題または主題のカテゴリーの。利害関係者は、以下を取得する権利を有します。更新、修正、または利害関係がある場合は、データの統合。法律に違反して処理されたデータのキャンセル、匿名形式への変換、またはブロック。これには、データが収集された、またはその後処理された目的のために保持する必要がないものも含まれます。手紙aで言及されている操作の証明。およびb。それらの内容に関しても含めて、注目を集めています、データが伝達または配布された者のうち、この履行が不可能であると判明した場合、または保護された権利に明らかに不均衡な手段の使用を伴う場合を除きます。利害関係者は、全体的または部分的に異議を唱える権利を有します。正当な理由により、収集の目的に関連する場合でも、利害関係者に関する個人データの処理に反対する。広告または直接販売資料を送信する目的で、または市場調査または商取引を実行する目的で、彼に関する個人データを処理すること」。特に、利害関係者は、データの移植性に対する権利に加えて、いつでもデータ管理者に個人データへのアクセスとその修正またはキャンセル、または彼に関係する処理の制限または彼らの扱いに反対するよう求めることができます。 。。利害関係者は、取消し前の同意に基づき、処理の合法性を損なうことなく、いつでも同意を取り消す権利を有し、監督当局に苦情を申し立てる権利を有します。権利の行使は、電子メールアドレスinfo@cimasadialisi.itに書き込むことで行使できます。